カテゴリ:イギリス花の旅( 8 )

イギリス旅行 6月19日~21日 

     もっと早くにイギリス旅行のアップを終わらせるはずでした。

     ほんの些細なことが大ごとになってしまって・・!
     先週の土曜の お昼ごろ 母の部屋と居間に置いてあるテレビが付かなくなり 強風のせいで
     アンテナが壊れたと思っていました。 ところが電話もネットもつながらないことが判った時点で
     ”光ファイバーの配線のあたりを触らなかった?”と家族に問われた途端 ハッとなりましたemoticon-0107-sweating.gif 
      これ以上は書きませんがemoticon-0146-punch.gif そんなこんなでテレビは今週の月曜に直り ネットは
     火曜に復旧しました。
     通信網が1本化されていると故障した時が大変です。それに意外に脆いものだとも思いました。
     (自分の非は棚に上げて・・!)

 前置きはこのくらいにして・・・ 今日で イギリス旅行の記事は終わりにしたいと思います。
 いつものごとく長々しいのですが(いつも同じセリフですね!) 記録として残しておきたいのでお許しを・・。

  19日 ロンドンへ入る前に グレンチャントリー ガーデンを訪れました。
  金曜と土曜しかオープンしていないので 友人がスケジュールを合せたのです♪
  宿根草と木々の葉の色にまで気を配った 美しいガーデンでした。
 
a0073275_219493.jpg

a0073275_21102854.jpg

  大小のポピーが絶妙に配されており  特に小ぶりのシックな色合い↑が気に入りました。
  
  グレンチャントリーの庭に立てたことは 本当に幸せでした と同時に残念な思いも抱いております。
  というのも ここ(左のopening times)を見て頂くとおわかりになると思いますが 今年で閉園になるそうです。
     
a0073275_21104750.jpg

    20日 ロンドン市内でも見物しましょう・・ということになり 滞在していたノッティング・ヒル~ 
    ケンジントン宮殿~ハイドパーク~ボンドストリートへと歩きました。
    運転の緊張から 解放された友人はとてもリラックスした雰囲気♪
    ボンドストリートが近づくと ともかく大変な人出で、 皆 両手にたくさん袋をぶらさげています。
    サマーセールが始まったのでした。ガードマン ガイドの人たちも あちらこちらで忙しそう・・。
    この込み合っている中で カメラを向ける余裕はありませんでした!

    私たちもこの恩恵に預かるべく?♪ 家族へのおみやげ 自分たちへのちょっとした物を求めて
    地下鉄 バス タクシー(1分ごとにメーターが上がるので すぐに降りてしまいましたが!)を使って
    1日中 ロンドンをうろつきました。

    イギリスでは日本で使われているSuica やPASMOと同じような
    OYSTERというカードがとても便利です。例えば 地下鉄1ゾーン4ポンドのところ 
    半額に近い値段になります。 お得ですね。

    最後に ハロッズの地下 食料品売り場にありますカウンターで飲茶を頂きましたが
    これはかなり美味しかったです♪ 
a0073275_23445761.jpg


     バスに乗ってホテルへ帰る途中 ハイドパークへ差し掛かると おびただしいイスラム系の人々
     (ほとんどが若い人 赤ちゃん連れのママさんも・・)が
     こぶしを突き上げ 厳しい顔で口ぐちに叫んでいます。プラカードには”Democracy" "Freedom" "
     Don't kill our people" と書かれています。
     目をそむけたくなるような犠牲者の画像の大きなプラカードもありました。
     「何?」 「どうしたの?」 傍らに座っていた友人に聞くと 
     「きのうテレビで見たんだけどイランで暴動が起こったことではないかしら?」
     ホテルへ戻り すぐにテレビをつけ、そこで 事情がわかりました。
     アメリカやドイツでも大々的なデモが同時に行われていたようです。
     先ほど見た人々はネットを通じて  皆デモに参加しに集まってきたのだなと思いました。
     私などは便利に楽しく ネットを利用しているけれど ネットが政治を 国を変えるということが起きつつ
     あるのだと・・。
     そして 楽しい思いをしている人と辛い思いをしている人が同じ場所に存在するということも感じた
     シーンでした。   
      
      
      
      
      
       

Moreロンドン最後の日
by yyhhko | 2009-07-18 01:20 | イギリス花の旅

コッツウォルズの3ガーデン 6月17日

   コッツォルズには名だたる ガーデンが点在しています。
   朝1番で向かったのはCoton Manor Garden(Northamptonshire)
   午後から Hidcote Manor Garden(Chipping Campden)
   隣接しているKiftsgate Court Garden(Chipping campden)を訪れました。
        (相変わらずの たくさんの画像の羅列で申し訳ないです。ざざっと目を通して下さいませemoticon-0141-whew.gif
   この3つのガーデンの違いは?と問われると とてもむずかしいですねemoticon-0138-thinking.gif
   コトン マナー ガーデンは単純に邸宅の壁に絡まっているバラがとても印象的でしたし 庭には
   フラミンゴが数羽ゆったりと過ごして 穏やかな感じを受けました。
a0073275_19192190.jpg

   ガーデンスクールがあるみたいです。
a0073275_19252750.jpg

   
a0073275_1926032.jpg

   道中どこまでも続く ノラニンジン♪(車中からの画像ですから ちょっとはっきりしないですが・・)
a0073275_19262581.jpg

   なぜか 畑というものを あまり見なかったですね。 菜の花畑はあちこちで・・。
   
a0073275_1927869.jpg

   ヒドコットマナー ガーデンは イギリスガーデン史上 とても重要なガーデンと言われています。
   今の”コテージ・ガーデン”や”ボーダーガーデン”はヒドコットを作ったウィリアム・ロビンソンさんが
   先駆者なのですって。 あのガートルド・ジークルさんにも影響を与えたのだそうです。
   ここはレンガ壁は見当たらず 「いちい 」やブナ、木々で壁を作っています。
   ヒドコットの入口の看板にroomsと記されていますが 木々で囲まれた たくさんの部屋でガーデンは
   成り立っているという意ということです。 壁を通りこすと狭い通路があり よそ見をしていると
   人にぶつかりそうな時も・・。
   全部はとても回りきれないほど園内は広く また多くの人々で賑わっていました。
   バラ 宿根草 山野草など植栽も実に豊富で 見飽きません。
  
   (どのフラッシュ・メモリーもフルになってしまい 各々のメモリーをあせって消しながら歩いたので 
   このガーデンの特徴を捉えられず 残念です。)
a0073275_1928998.jpg

   ヒドコットマナーでの花々の1部です
a0073275_19282583.jpg


More キフツゲート・ガーデン
by yyhhko | 2009-07-06 22:37 | イギリス花の旅

Abbey House Gardens6月16日& ロンドン アンティーク市 6月20日

   早や暦も7月3日になりました。
   沖縄だけが梅雨明けしたようですね。

   昨日は 信州でのオフ会が軽井沢でありました。 楽しかった模様をアップしたいのですが
   ちょっと時間に追われています。 いずれまたemoticon-0133-wait.gif
   
   イギリス旅行記もいつまでも引きずってるわけにはいきません。
   スピードをアップしていきますので またお付き合いくださいねemoticon-0100-smile.gif
   (画像の編集上 順不同になりました!)

   アビー・ハウス・ガーデン (マルムスベリー Malmesbury)

   6月16日 イギリス滞在中 始めて雨がぱらつき 雲が空を覆う1日となりました。
   コッツォルズでの最初のガーデン巡りは マルメスベリーという小さな町にある
   アビイ・ハウス・ガーデンへ
   
a0073275_229570.jpg

   聖アルデヘイムが建てた修道院が見えてきます。
   何でも7世紀に建てられ その後16世紀にヘンリー8世に壊され 第2次大戦後に再建されたという
   歴史のある修道院らしいです。
   この修道院の裏を回りこむとアビイ・ハウス・ガーデンの入り口に着きます。
   ↓ アーチは13世紀に建てられた1部で廃墟をそのままにしています。
      雰囲気がありました♪
a0073275_2292928.jpg

a0073275_22131927.jpg

a0073275_22101696.jpg

a0073275_22112368.jpg

   ちょっと変わっているのが噴水を取り囲むように クレマチスとバラのアーチが円形状に配された
   ハーブガーデン。
   中央には ハーブが植えこまれた たくさんの木製のコンテナが置かれています。
   コンテナに高さがあるため ハーブが目の高さに迫って かなりダイナミックな感じです。

   イギリスの名のあるガーデンには必ずcafe'がありますので 旅行者には有難いことです。
   ここでも サンドイッチと温かい飲み物を頂きました。

   

Moreロンドン アンティーク市
by yyhhko | 2009-07-03 23:23 | イギリス花の旅

ホテルのことなど

    イギリスではロンドンに着いた日に空港近くのホテルへ1泊し 翌日からレンタカーでの移動が始まりました。
    (空港でホテル行きのシャトルバスを40分ほど待ち やっと着いたホテルでチェックインしたところ
    ツインで予約したはずがダブルになっており 二人で猛抗議!英語はとつとつでも顔でわかったと思う!
    エキストラベッドを入れてと言うと無理との返事・・やっと30分後 何やら算段をして
    ファミリールームのクイーンズベッドとエキストラベッドがある部屋へ入れてくれました。
    もうクタクタでした  謙譲精神豊かな私たち 何故か 争って? 負けて?私がクィーンベッドへemoticon-0113-sleepy.gif

    ロンドンから鉄道で1時間ぐらいのところ アッシュダウンの森に1泊
    コッツウォルズに2泊 オックスフォードに1泊 そして最後にロンドンに2泊という行程でした。
    空港以降はトラブルも無く(大きな声では言えませんが あるホテルに私が忘れ物をし その後
    航空便にて戻ってきました! 今は汗ものでお礼状を・・??? 外国へ行っても忘れ物を
    しているの?という声が聞こえそう ・・) 快適な旅を続けられました。

a0073275_23273068.jpg

    コッツウォルズでは 私が行ったことがなかった バイブリーのスワンホテル周辺へ連れて行って頂き
    評判通りの美しい風景に出会いました。 日本の団体の方々にも会いましたよ♪

a0073275_23282029.jpg

a0073275_2356171.jpg

a0073275_23291116.jpg

    イギリスの朝食は 皆さん美味しい~と言われますよね。
    ガーデンからガーデンまで巡ると いつ昼食が頂けるとも限りませんので 朝食はた~くさん食べました。

    今回は食事に関しては つましかったと思います。
    ディナーは2回ほど 日本から持参したカップラーメン(1回は豪華なマナーホテルで!)で済ませてしまい
    ・・こんなにカップラーメンが美味しいと思ったのは初めて♪
    ロンドンでは また中華を探し ラーメンと餃子を1つずつ頼み 二人で分け合うほどでした。

    以前に比べて胃が小さくなったのかしら?? ホテルも日本ではお1人さま ○○円ですが
    欧米は1部屋単位ですから 二人で割れば お安いと思います。
by yyhhko | 2009-07-01 00:30 | イギリス花の旅

Mottisfont Abbey Garden 6月15日

モティスフォント・アヴイ・ガーデン(ロンドン南部 ハンプシャー州)

     オールドローズとして つとに有名(だそうです)なモティスフォント・ガーデン
     今回のガーデン巡りではとても楽しみにしていたガーデンです。
     ガーデンのゲートを入ると 澄んだ小川が流れ 魚が泳いでいるのが見えます。
     そこを渡ると 見るからに歴史を感じさせる威厳ある大邸宅が目の前にせまってきました。
a0073275_0155180.jpg

a0073275_02189.jpg

  どこが ローズガーデンなのか あっち こっちをうろうろし そのうちに陽が高くなり 
  日差しが強くなってきました。
  今季 1番暑いのでは? 勝手にそう思い ようようローズガーデンにたどり着きました。
  まあ 広いこと!
  たくさんの観光バスが止まっています。 どこからきたの?日本です。 すぐに日本のパンフレットを
  手渡されました。  よほど 日本の方が来るのだわ♪

     ここでは 暑さと人の多さ(この日は日本の方々には遭遇しませんでした)に負けました。 
     多分夕暮れに来たら 素晴らしく美しかったのでは・・。
     集中力に欠け 友人ともども 早くに切り上げ パラソル下でサンドイッチと冷たい飲み物を頂き
     人心地つきました。
     画像もピカピカですが こんな感じでしたemoticon-0144-nod.gif
a0073275_22111212.jpg

a0073275_2285546.jpg

a0073275_22475587.jpg

a0073275_22291198.jpg

a0073275_2231276.jpg

by yyhhko | 2009-06-29 23:38 | イギリス花の旅

Sissinghurst Castle Garden 6月14日

       シシングハースト キャッスルガーデン(ケント州 クランブルック)

    6月14日 お昼頃 The Beth Chato Gardensに着き ゆっくりと庭で過ごした後
  ケント州にある Sissinghurst Castle Gardenへ向かいました。(ロンドンの北東~南東へ)
  地図で見て近い と感じても やはりイギリスは広い~~!
  シシングハーストは6時半まで開園しているのですが 5時半までに庭内に入らないとダメなのです。
  着いたのが5時15分ごろ。 パーキングから切符売場まで走りに走りました。無事セーフemoticon-0142-happy.gif
  憧れのシシングを見られる♪かなり気分が高揚していました。
a0073275_1532774.jpg

a0073275_14381256.jpg

   バラは少し見ごろを過ぎていましたね。名前を確認するのももどかしいほど 早く ホワイト・ガーデン
   を見たい・・。
a0073275_155746.jpg

   ホワイトガーデンの入り口で友人が足を留めました。
   「この花よ。以前アメリカで見て気に入った木・・」 
   花はシュウメイギクにそっくりなのですが 木なのです。名前は○○○California??
   多分 日本にはまだ入っていないのでは? どなたかご存じでしょうか?

Moreホワイト・ガーデン
by yyhhko | 2009-06-28 16:02 | イギリス花の旅

The Beth Chatto Gardens 6月14日

       ザ・ベス・チャトー・ガーデン(ロンドンの北東 エセックス州 コルチェスター)
  

   不毛の土地で 自然のままに無農薬で植物を育てている 実験的なガーデン または
   エコロジーガーデンとして有名のようです。
   ( このガーデンについてはほとんど予備知識がなく もう少し勉強していればガーデンの特徴を
   とらえることができたかもしれません)

   まず園内に入った時に心が伸びやかになる感じを受けました。
   多分 草も木も健やかに育っているからかしら?♪ 水無し・・ということが信じられません!
   それでいて とても計算された 緻密さも感じました。

   イギリスで9つのガーデンを見て回りましたが 大好きなガーデンの一つですemoticon-0142-happy.gif
   
a0073275_23365013.jpg

a0073275_15897.jpg

a0073275_22113759.jpg
a0073275_22104976.jpg
a0073275_0541922.jpg


    画像をたくさん載せましたが 最初に訪れた所は どうしても張り切ってしまいますね。
    後になるほど 先細りになりますemoticon-0105-wink.gif
by yyhhko | 2009-06-27 01:01 | イギリス花の旅

イギリス旅行-1- 6月13日~22日 

          ちょっとご無沙汰しました。

    1週間ほどのイギリス旅行から帰りました。
    留守中 心配していた老齢の母も元気で アッシー氏に親戚の家に連れていってもらったと
    とても上機嫌で迎えてくれましたし 夫も二人の息子から 父の日にプレゼントを 手にして
    ニコニコ顔でした。 それにひきかえ 庭はちょっと悲惨な状態に・・・!

    しばらくイギリス旅行のアップになりますが なるべく長引かないようにしますので(笑)
    お付き合いくださいね。

    
    今回の旅行はイギリスのガーデン巡りということで 運転上手の友人が計画を立て ヒースロー空港で
    車を借りてから ただ1日だけを除いて ほぼ毎日 朝から夕方まで運転してくれました。
    おかげさまで 私は楽をしましたが 慣れぬ地で 日本とは違う交通システムに(カーナビの癖にも!)
    どれほど緊張されたか  友人には 感謝と尊敬の念でいっぱいです。
    
a0073275_2255734.jpg

    ラウンドアバウトに慣れればイギリスでの運転はかなり楽といえそうです。
    今でも ”take the second exit" とか"take the third exit"と言うカーナビの声(男性!)が
    耳に残っています。
    行く前は 「ラウンドアバウトでグルグルとずっと回って出られなかったら どうしょう!」と心配していた
    友人ですが たまに間違えることがあっても 難なくクリアーして 目的地まで行かれるのですから 
    さすが♪です。
    
a0073275_2256430.jpg

    日本でレンタカーを申し込んだときはロンドンへ入るまでの4日間ということだったらしいのですが
    レンタカー会社ハーツのお兄さんが 4日も1週間も料金は同じだよ・・・ということで 結局 ロンドン市内も
    運転して回ることになりました。

    これが実は大変(面倒?)なことで ロンドンはヨーロッパの中でも渋滞が深刻な問題になり 経済的な面からも
    大気汚染 駐車場の足りなさということから 10年前から混雑税(Congestion Charging)
    を課すようになりました。

    混雑税が課せられるのは平日の朝7時~夕方6時半までで 払うのを怠るとエリア内のカメラに捉えられて 
    多大な罰則金を要求されます。
    どうやって 混雑税を払うのか?インターネットでという説もあり わが夫などはこれが面倒で
    市内の運転は避けているほどでした。
    
    ロンドンでは ノッティング・ヒル駅に近いところのホテルに滞在しましたが 友人が近くの公共駐車場に行き 
    係りの人に尋ねたところ 近くのコンビニ(Cのマークが付いている)で払えば大丈夫・・と教えてくれたそうです。
    料金は1日 8ポンドです。 (ちなみに ガソリンスタンドでも 受け付けているようです。)
    まあ こんなことも今になってみれば 何でもないことのようですが 初めて試みた友人は 心配と
    緊張の連続だったようです。 何もお手伝いできなかった私は歯がゆい!
   

    毎日 ハラハラ ドキドキしたり 人の優しさにふれて温かなきもちになったり(失敗が山ほども!)
    もちろん イングリッシュ・ガーデンに感動したりと とても思い出深い旅になりました。
a0073275_228542.jpg

    ロンドンを中心に南東 コッツウォルズの北までへと移動しました。

    ガーデンはどこも甲乙つけがたい 素晴らしいシーンの連続でしたが 私のカメラの切り取り方が悪く
    どこまでお伝えできますか?

    次回からはガーデンをアップしますね♪
   
    皆さまのところへも 追々にお訪ねしたいと思います。
    また よろしくお願いいたします。
by yyhhko | 2009-06-26 00:22 | イギリス花の旅